<< あんべ光俊LIVE津軽・約束・星の旅with竹田元 | top | Jazzguiter 岩見淳三&YAYOI 魅惑の夕べ >>
よしだよしこLIVE
毎年この季節あおもりにやってきますよしだよしこさん
今年はどんな素敵なLIVEになるのでしょうか


よしだよしこLIVE IN JIPANG

写真はお借りしました

8月22日(土曜日)

   開場 18:00
   開演 19:00
チケット 2500円
ワンドリンク付き)
ご予約はお早めに
ジパング017-722-4019
    pp8hz9@ezweb.ne.jp
            jipang@dream.jp

ご来店のMさんのフェースブックの書き込みです、お借りして貼り付けます

昨夜は青森ジパングにて、よしだよしこさんのライブでした。

1年ぶりの青森ライブまでの間、声が出なくなるトラブルなどもあって心配していましたが、見事に透き通るような歌声と演奏を聴かせてくれました。*¥(^o^)/*

〜 オープニング 〜

...

「津軽弁の日」にちなんだ、ジパングマスターの朗読劇。

聴いている自分が、物語の世界に入り込んでしまった錯覚になるくらい、情景が浮かびます。

〜 よしだよしこライブ 〜

よしこさんは、ギター、マウンテン・ダルシマー。

競演は、森山浩之さんのフラットマンドリン、フィドル。

よしこさんのオリジナル曲の多くは、「バラッド」(物語を語り歌う形)という形容がぴったりです。
(以前、よしこさんのライブを聴きに行った方も、そうおっしゃっていました)

曲の紹介を少し。

・「La Strada」

メロディは陽気な感じですが、少し切ない物語です。

・「月の庭」
アイルランド民謡「サリー・ガーデン」を、日本語の歌詞(詞はササキユキさん?)で唄います。

♪〜 そのままの君でいいと 抱きしめてくれた人よ
  幾千の言葉より この手のぬくもり 〜♪

・「だびよんの鳥」

高坂一潮さんの曲です。

一潮さんとの思い出話は、本当に可笑しいです。

・「夜明けまで」

4弦バンジョー弾きの唄うたい、スーマーさんの曲。
よしこさんはダルシマーで。

布を纏って踊っている女性が目に浮かぶような、美しい曲。

・そして、長編「高野君の焼き鳥屋」

バラッドという形容が相応しい、物語歌。

この曲は、森山さんとぶっつけ本番の共演だったそうです。

動画で、他の場所のライブでスチールギターとフラット・マンドリンの共演のものを観ていました。

それはブルーグラスっぽいアレンジで、それも素敵でしたが、今回、ぶっつけ本番とは思えない森山さんのアレンジ、演奏は、またぜんぜん違って、本当に素晴らしかったです。

★★

他のどの曲も、よしこさんらしくて、お客さんは静かに聴き入って、本当に良いライブでした。

今回、初めてのお客さんも、いらっしゃるという事で、よしこさんの歴史を話してくれて、私も改めて聞かせていただいて新鮮でした。

毎年、よしこさんにお願いして、一緒に記念撮影をしてもらいます。
ジパングマスターが撮ってくれました。

今夜は、青森オルケスタにて、17時から、よしこさんのライブです。

今年は欲ばって両方行きます♪

お時間のある方は、ぜひ♪

beer-jipang | ライブの記録 |